未分類

全日本選手権(サイクルサッカー)2位の報奨金をお渡しいたしました。

投稿日:

12月14日・15日、大阪府の桃山学院大学にて開催された、「第50回全日本室内自転車競技選手権大会」におきまして、大阪府登録の徳広・石原ペアが、準優勝されました。
大阪車連より報奨金をお渡しいたしました。

 

BIKOT 徳広 昇(大阪経済大学OB)コメント
まずは、報奨金をいただきありがとうございました。
全日本選手権の結果は準優勝でした。
優勝には至らず悔しい結果とはなりましたが、自己の競技歴においても、全日本選手権でも1番良い結果を残せたということが、純粋に嬉しいです。
次は優勝を狙えるように練習に励みたいと思います!

BIKOT石原敬正(大阪経済大学4年)コメント
まずは、報奨金をいただきありがとうございました。
この度、全日本選手権において準優勝しました。
2018年全日本選手権では7位決定戦で対戦したチーム同士での決勝戦で、少し違和感がありました。
最後の決勝戦で勝ちきれないことはペアとして反省しています。
しかし、大阪経済大学初の決勝まで行けたことは良かったと思っております。
ペアとの連携が年々良くなったことが、二位になれた理由の1つです。
卒業して、来年も、私が続けるならば、個々の技術を高める練習をしていきます。

 

石井 章(大阪経済大学監督)
室内競技にも目を向けていただき、このような報奨金を頂戴することはほんとにうれしいことです。
これにより選手のモチベーションも上がっていると思います。
この結果におごらず、選手を叱咤激励しさらなる高い結果を目指し、チームの運営をしてまいる所存です。
これからもさらなるご指導ご鞭撻をお願いいたします。

-未分類

Copyright© 大阪車連WEB , 2020 AllRights Reserved.